船舶免許取得で国家試験を免除する方法

国家試験を取得するためには試験を受けて、合格する事が最低条件として必要となります。船舶免許も国家試験となりますが、合格するための方法として国家試験を免除してもらう事が可能です。試験を受けて合格するだけでなく、ある条件を満たすことで試験自体を免除してもらい船舶免許を取得する方法に分かれます。実際に船舶免許の国家試験を免除してもらうためには、教習所に通い学科と実技を決まった時間受講することで免除してもらう事が可能です。

実際に学科講習ですが、取得するために免許の種類毎に時間がきめられています。特殊小型であれば6時間ですが、2級小型は12時間必要であり1級小型になると24時間の時間をかけて学ぶ事が必要です。教員の方から専門の知識を学ぶ事ができるので、初めてという人であっても十分理解する事ができ自分の知識にする事ができます。ただし自分で勉強するよりも学科講習は取得時間が決められており、時間が長いという点は理解しておく事が必要です。

次に技能に関する授業を受ける事になりますが、これも免許の種類によって時間は異なります。特殊小型であれば1時間半程度の教習が行われ、2級小型だと1級小型は4時間の実技講習を受ける事が必要です。教習では同じボートを使用し同じ場所で審査を受ける事ができるので、より学んだ事をそのまま審査に活かす事ができます。審査自体は実技教習が終わって直ぐに受ける事ができ、感覚を忘れないうちに受けられるのも強みです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.