小型特殊船舶免許とアルバイト

小型船舶免許は18歳以上でないと取得ができないのが原則ですが、16歳以上でも取ることができるものもあります。それが特殊小型船舶免許です。特殊小型船舶免許は水上バイクのみを運航できるのが特徴で、それ以外の船舶を運航することができません。逆に小型船舶免許を取得している人々が水上バイクを運行しようとしても、免許の種類が異なるためできないようになっています。

それぞれの違いを理解して取得することが重要です。船舶を乗用車、水上バイクを陸上で走るバイクと同様に考えると、より納得できる形で取得することができるといいます。目的に合わせて取得することで問題が解決するため、まずは海上でどんなことをしたいのか、船とバイクどちらを利用したいのかなどを正確に把握することが望ましいです。高校生の中には水上バイクの免許を取得して、マリンスポーツ関連でアルバイトをしようと考えている人は少なくありません。

しかし、残念ながら日本国内では水上バイクを利用した宅配便は存在していないため、宅配業種では利用できないといわれています。ただし、水上バイクの資格を取得してリゾート地でお客さんを後ろに乗せて走るなどの仕事は存在しているため、自分の住んでいる地域でアルバイトを探すときには、水上バイクの免許だけではなく、仕事の内容や必要な資格を確認して応募することが大切です。エリアにより取得してもなかなか使用する機会がない場合もありますが、リゾートバイトという選択肢もあるため、参考にしてください。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.