船舶免許の内容を間違って教えられたなら

船舶免許の勉強をするためにスクールに入ったけど、そこで船舶免許の学習内容を教えられるわけです。ところがその船舶免許の内容が間違っていた場合、私ってどうしたらいいでしょうか。教習所やスクール等を訴えると言う人がいます。かなり強行手段であり、あまり日本のやり方ではありません。

例えばこれがアメリカであるが訴訟国家になりますので、訴訟国家らしく訴えるべきかもしれません。ところが日本は訴訟国家ではないため、さすがに訴える人まではそう多くはないです。このように考えると、訴訟するのは少しやり過ぎかもしれません。では仮に訴えた場合、果たしてどのようなメリットがあるのでしょうか。

訴訟すると言う事は、当然ながら弁護士をつける必要があります。弁護士をつける場合、訴訟だけで300、000円以上かかるケースがほとんどです。つまり、300、000円以上の価値があるかといった部分が争いになるでしょう。もし、それをただしたことにより300、000円の利益を得ることができるならば、弁護士を使って3ヶ月ぐらいかけながら裁判所で判決をもらうかあるいは若いするしかありません。

ちなみにほとんどの場合和解成立になり8割がた和解することで終わります。何故かと言えば、判決を待つとすれば、相当な時間がかかり当事者間のどちらにとってもメリットがあまりないからです。時間がかかると言う事はそれだけ弁護士に支払うお金も莫大なものになっていくため、若いしてしまった方が良いといえます。船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.