小型船舶免許のカテゴリーとは

小型船舶免許には複数のカテゴリーがあるので、自分に適した免許を選択する必要があります。最も小型の特殊小型船舶免許は水上バイク専用になっており、航行範囲は2海里(約3.7キロ)までに制限されています。また、海だけでなく川や湖などでも航行することができ、取得年齢は16歳からとなっています。水上バイクは国によっては免許不要で操縦することが出来ますが、日本では無免許運転になってしまうので注意が必要です。

また、この免許は1級と2級を取得していても水上バイクを運転するなら必要な免許です。水上バイクの次に小さいカテゴリーが2級小型船舶免許です。この免許では5海里(約9キロ)までの航行が許可されており、16歳から取得可能です。ただし、18歳未満は5トン未満の船舶に制限されるため注意が必要です。

2級では24m未満20t未満の船舶の航行が認められており、これに水上バイクは含みません。また、湖と川に限定した湖川小水力限定というカテゴリーも設けられており、この場合は5トン未満15キロワット未満の船舶を湖や川で航行することが出来ます。小型船舶免許の中でも最も広範囲での航行が可能となるのが1級小型船舶免許です。この免許では100海里までの航行が可能となっています。

そのため、海外の海を航行したい場合やヨットで世界一周したい場合などはこの免許が必要になります。操縦できる船舶は2級と同じで24m未満20t未満です。この船舶にも水上バイクは含まず、取得年齢は18歳からです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.