講習期間が短い船舶免許

海上を走る船を運転するのにも免許が必要で、エンジンを搭載しているボートの運転には船舶免許を取得しなくてはいけません。エンジン付きのボートには大小さまざまなタイプがあるので、大きさから走行距離に適したサイズがあり、運転する種類によって取得する免許に違いがあります。1級小型船舶免許というのは、24メートル未満のプレジャーボートの運転が可能で日本では最大の船舶免許となっています。その他にも20トン未満のボートを運転することができ、走行距離などは無限大に設定されているのが特徴です。

ただし水上バイクは除かれていることや、80海里を運転する場合には更に上級の資格をもった人が同乗していなくてはいけません。これは6級航海士から上の資格となっております。この1級小型船舶免許を取得するには、指定されているスクールで講習を受けながら、実際に海洋実習に備えることが一般的です。中には独学で受験することもできますが、やはり専門用語などがたくさんでてきますので、スクールで習うことが確実だといえます。

船舶スクールで取得を目指す場合には、学科を24時間受けなくてはいけないことや、実技では4時間と決まった講習時間が設定されています。受講期間は基本的にスクールに委ねられいますが、最短で数日で取得することも可能なのが魅力です。このように船舶免許を取得することは、自動車運転よりも短い期間で受けることができるので、マリンライフを考える人には人気があります。船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.