小型船舶免許の種類や取る方法

海や湖などにエンジン付きのボート出かけて釣りやクルージングを楽しみたい、という場合には小型船舶免許を取得するのがお勧めです。自分で操縦をすることが出来れば、ルールの範囲内で自分の行きたいところに自分の判断で行くことができます。行動範囲が広がって、趣味をより満喫することが出来るかも知れません。小型船舶免許は自動車の免許のように取得可能な年齢が決まっていて、1級の場合には18歳以上となっています。

しかし2級は16歳以上なら取得可能となっているのが特徴です。2級の小型船舶免許は1級よりも航行範囲が狭いですが、最も取得する人が多い免許です。それ程遠くまで行く必要がないという場合には、こちらの免許の取得を目指してみるのも良いかも知れません。ボートの免許を取りたい場合には、教習所に通うのが良いでしょう。

対応している教習所は各地に存在しています。海がない県であっても川の側に位置していることがありますので、身近なところにあるかどうかを探してみるのがおすすめです。小型船舶免許の講習では学科と実技の講習があります。学科では国家試験で出題される内容の講義が行われるのが特徴です。

実技は実際に取り扱う方法を習います。教習所のコースには国家試験を受験する必要があるコースと、国家試験の受験が免除されるコースの2種類があります。教習だけで取得出来るコースでは最後に修了試験があり、それに合格すれば良いのが魅力です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.