小型船舶免許取得の際の必要書類

釣りやマリンレジャー等を趣味にしている人の場合には、小型船舶免許の取得を目指す人も多いかもしれません。自分でボートを運転することができれば、釣りやマリンレジャーの楽しみ方は選択肢がぐっと広がります。教習所でしっかりと学ぶことにより意外にも簡単に免許を取得することができるため、ぜひとも小型船舶免許の取得に挑戦してみましょう。小型船舶免許を取得するにあたり、必要書類を用意する必要がありますが、事前にどのような書類を用意しておけば良いのかを頭に入れておきましょう。

その一つが本籍が記載された住民票です。この住民票写しでも良いのですが、必ず本籍が記載されていて、取得後1年以内のものであることが求められます。住民票の本籍の嵐に省略と記載されているものだと無効になるため十分な注意が必要です。小型船舶免許の試験申請の際には、マイナンバーは特に必要ありません。

住民票2枚ナンバーが表示されている場合には、11桁の番号はマジックで消すなどのように、見えないようにして提出することが大切です。そして2枚の証明写真が必要です。サイズは縦4.5センチ、横3.5センチのもので、裏面に氏名と生年月日を記載します。撮影から6カ月以内であること、また無背景であることなどいくつかの条件があります。

そして国家試験申請委任状、免許申請委任状も必要です。試験合格した後に免許の申請を教習所などが代理で行うためにはこれらが必須となります。所定の用紙に住民票に記載されている住所を記入した上で提出を行うようにしましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.