小型船舶免許について

小型船舶免許は正式には「小型船舶操縦士免許」と呼ばれる国家資格です。エンジン付きのボート、ヨット、水上バイクに乗る場合には、船舶免許が必要になります。小型船舶免許は3種類あります。小型船舶免許の最上位資格である「一級小型船舶操縦士免許」は、航行区域に制限がないボート免許です。

この免許は満18歳から取得できます。次に、「海の普通免許」と呼ばれる一般的な「2級小型操縦士免許」は、フィッシングやクルージングを楽しみたい方におすすめです。こちらは、満16歳から免許取得可能になります。水上オートバイ(水上バイク)やジェットスキーが楽しめる「特殊小型船舶操縦士免許」は、水上オートバイ専用の操縦免許です。

こちらも満16歳から免許取得可能になります。これらの船舶免許の取得方法は3通りあります。一つ目は、登録小型船舶教習所で取得する方法です。登録小型船舶教習所で学科や実技の教習を受け規定の課程を全て履修しなければなりません。

修了試験に合格すると国家試験が免除になります。次に、免許スクールに通って取得する方法です。免許スクール独自の講習を受講し、国家試験を受講するコースです。スクールによって講習料等はさまざまです。

最後に、独学で勉強して国家試験を受ける方法です。学科の勉強は独学でも可能ですが、実技試験対策を個人で行うのは難しいため、実技だけを免許スクールで受講する方もいます。国家試験又は修了試験では最初に、視力・聴力及び、簡単な運動機能の身体検査が行われます。身体検査に合格すると、学科試験と実技試験が行われます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.