小型船舶免許の航行区域

小型船舶免許は、一級小型船舶操縦士免許や二級小型船舶操縦士免許のほかに、湖川小出力限定免許や特殊小型船舶操縦士免許などがあります。これらの小型船舶免許の違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。一番の違いは、操船できる航行区域です。一級小型船舶操縦士免許の取得者は、国内外で船を操船することが可能となります。

二級小型船舶操縦士免許の場合は、平水区域および海岸より5海里以内という制限が設けられています。5海里は、約9キロメートルです。操船できるエリアが限られてしまいますので、もっと長距離の操船を楽しみたいのであれば、一級小型船舶操縦士免許の取得を目指してみるとよいかもしれません。ちなみに、一級や二級の小型船舶操縦士免許は、操船可能な船のサイズも限定されます。

これらの免許では、20トン未満の船にしか乗ることができません。20トン未満であっても、水上オートバイも操船できませんので、注意してください。特殊小型船舶操縦士免許は、水上オートバイを操船するために必要な免許です。この小型船舶免許での操船できる航行区域は、陸岸より2海里以内と定められています。

2海里は、約3.7キロメートル程度です。このように、小型船舶免許の種類によって航行区域が大きく異なります。これから、小型船舶免許の取得を目指している方は、操船したい距離についても視野に入れた上で最適な免許を選んでおくとよいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.