自分に合った小型船舶免許の種類を考えよう

小型船舶免許には、水上バイクやマリンジェットなどを操縦したい方向けの特殊小型船舶操縦士免許から、小型船舶の大きさによって免許の種類が異なる1級もしくは2級の小型船舶操縦士免許にわかれます。ここで問題になるのが、いくつかの種類の船舶免許がある中で、どのような基準で取得する免許を選んだらいいのかという点です。実際にどのような種類の小型船舶免許を取得するかという点は、免許を取得したいという目的によって異なります。水上バイクなどを操縦できるようになって、海のレジャーを楽しみたいという方もいるでしょう。

そのような場合には、講習時間も比較的短い特殊小型船舶操縦士免許の取得を目指すのも1つの手です。一方自分で船を操縦して釣りを楽しみたいと考えている方もいるかもしれません。そのような場合には、総トン数20トン未満の船舶までが操縦可能な2級の免許の取得を検討するという選択肢もあります。運転したい小型船舶に合わせて、小型船舶免許の取得を検討していくことが大切です。

ちなみに免許の取得を目指すという場合でも、いくつかの方法が存在しています。修了試験に合格することで国家試験の受験が免除される教習所から、必要な知識やスキルを身に着けてその後国家試験の受験が必要なスクールがあるので、自分に合った流れで取得を目指しましょう。独学で学習して国家試験を受けることも可能ですが、技術の習得を個人で行うのは大変なため、教習所やスクールに通うという方がほとんどです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.