小型船舶免許を取得する条件を知ろう

小型船舶免許を取得したいと考えているなら、最初に取得のための条件を確認しましょう。実は同じように船舶を操縦できる免許といっても、種類によって取得できる年齢には違いがあります。水上バイクなどを操縦できる特殊、総トン数が20トン未満の小型船舶を操縦できる2型の免許であれば、満16歳以上から取得可能です。一方で総トン数20トン未満の操縦のために1級小型船舶免許が必要なら、18歳以上になってからしか取得できないので注意しましょう。

ちなみに九州を受ける場合には、16歳もしくは18歳の誕生日が来る3ヵ月前から受講可能です。ただし誕生日前に教習を受けても、免許発行は誕生日以降となるので注意しましょう。また実際に小型船舶免許を取得したいという場合、実技や学科の試験に加えて身体検査の基準もあります。例えば視力が両目とも0.5以上、色覚に問題がない、5m以上の距離で問題なく聞き取れるなどの項目があるため注意が必要です。

視力に不安がある場合には、検査を受ける前に矯正して対応して対処することが可能です。実際に小型船舶免許を取得するための教習の時間は、取得する免許の種類によって異なります。例えば特殊小型船舶の操縦をしたい場合、学科が6時間で実技教習が1.5時間です。一方で1級小型船舶を操縦したいなら、学科が24時間に対して実技が4時間です。

取得したい免許別にどのような取得条件があるのか確認し、必要な準備を進めましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.