小型船舶免許を取得してマリンレジャーを楽しむには

魚釣りやマリンスポーツを楽しみたいなら小型船舶免許の取得を検討してみてはいかがでしょうか。この資格があれば、20トン未満24メートル未満の船舶の操縦が可能となります。そのため、漁船、ヨット、クルーザーなどの幅広い船舶で海の上が走れるようになります。日本は海に囲まれているため全国各地で魚釣りやマリンスポーツが楽しめる環境になっていますが、自ら船が操縦できればより充実した時間を過ごすことが出来るでしょう。

小型船舶免許の取得方法には国家試験と認定校での修了試験があります。いずれも実技試験と学科試験に分かれており、身体検査もクリアする必要があります。試験内容は学科で海上交通のルールや海図でのチャートワークなどが出題され、実技で基本的な操縦技術や離着岸の方法などが問われ、人命救助の方法も身に付けなければなりません。身体検査では、聴力・視力・色覚などの検査が行い、身体機能についての確認も行われます。

ただし、身体検査については1年以内に他の船舶免許を取得した人は免除されるルールになっています。すべての試験に合格すると合格証明書が発行されるため、これを運輸局等の窓口に提出すると免許が交付されます。交付された免許には5年間の期限が設けられていますが、期限内に更新手続きを行えば継続して小型船舶免許を取得し続けることが出来ます。この免許は船の大きさや航行できる範囲などによって1級、2級、特殊に分類されているので、目的に合わせて適切に選ぶ必要があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.