ウナギ漁をするのに役立つ小型船舶免許

土用の丑という言葉をご存じでしょうか。これは毎年7月の中旬に当たる日で、ウナギを食べると滋養強壮の力をたくさん吸収ができる日といわれています。日本固有の慣例ではあるため、世界共通の文化にはならないものです。日本では江戸時代の頃に疫病が流行りました。

多くの方が命を落とすことになり、当時の幕府では滋養強壮に効果があるウナギ漁を奨励した歴史があります。隅田川がその一大産地で、現在でも専門店では舟を所有して漁を実施されているほどです。そこでここでは、東京の専門店でなされてるうなぎ漁について見ていきましょう。毎年5月から9月までと解禁期間が限定をされており、かならず仕掛けを設置する仕掛け漁でおこなわないといけません。

隅田川は水深10メートルもある河川なので、その仕掛けを設置するにはモーターボートを活用されます。モーターボートを操縦するには小型船舶免許が必須で、海上保安庁の管理下におかれているライセンスです。小型船舶免許は船舶免許の中ではもっとも簡単に取得ができるもので、最短1日で入手可能です。小型船舶免許だと技能講習と1時間の学科カリキュラムだけとなり、あとは登録料を16万円支払えば永久保有ができます。

うなぎ漁をする場合、120cc以下の小型船舶しか活用をしないため、このライセンスだけで十分対応ができるわけです。1匹約4000円の価値がある魚で、捕獲をすれば専門店に買取りを依頼することもできます。小型船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.