3種類の小型船舶免許の違いとは

これから小型船舶免許を取ろうと思っている人は多いでしょう。3種類あるんですが、どのような違いがあるのかを知っているでしょうか。大きさの違いと思うかもしれませんが、そういうことではありません。意外な違いがありますので、自分はどれを取得すれば良いのかを良く考えてみてください。

小型船舶免許ということなので、大きな船ではありません。どれくらいの大きさなのかと言うと総トン数が20トン未満の船です。3種類ありますが、一級小型船舶操縦士と二級小型船舶操縦士と特殊小型船舶操縦士に分かれます。特殊小型船舶操縦士は水上オートバイを操縦したい人が取得するものです。

こちらは、湖川や海岸から2海里以内で航行できます。一級と二級の違いは、海岸からどれくらい航行できるかです。どちらも同じように小型船舶を操縦できますが、二級の場合は5海里までです。一級の場合は全海域を操縦することができます。

5海里以上を航行したいと言うことであれば、一級小型船舶操縦士の免許を取得しなくてはなりません。小型船舶免許の違いは意外だと思った人もいるでしょう。ただし、他にも色々と細かい条件がありますので、実際に小型船舶免許を取得する際には細かいところまで確認しておく必要があります。もちろん、視力だとか障害なども確認しておかなくてはなりません。

これから船の操縦を考えているのであれば、以上の違いを頭に入れた上でどの免許が必要かを判断して取得してください。小型船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.