小型船舶免許を取得すれば船を操縦できます

海を舞台としたレジャーでは、船を交通手段として使うことがよくあります。釣りなどで頻繁に海のレジャーを楽しむ人であれば、自分で船を操縦したいと考えたこともあるのではないでしょうか。船を自分で操縦したいのであれば、最低でも小型船舶免許を取得する必要があります。この免許は、安全に船を動かすための知識と技能を身につけていることを証明するものなので、必ず取得しなくてはいけません。

小型船舶免許を得るには、スクールに通って知識や技能を学び、最終的な試験に合格することが求められます。年齢や視力などの基準もあるため、視力が悪い人はメガネなどを用意して視力を矯正するのが基本的な対策です。小型船舶免許の獲得を目指すスクールでは、学科講習と実技講習を基礎的なカリキュラムとしています。学科では、船の構造や海の交通ルールなどを学びます。

気象状況の判断などの項目も含まれるため、安全な航行には欠かせない学習内容です。実技では、基本的な操縦方法を中心に設備点検や人命救助の方法などを学びます。実際に船を動かしながら学ぶため、実践的な内容です。すべてのカリキュラムを終えると、国家試験を受けて資格獲得を目指します。

国土交通省に登録されている教習所に通うと、国家試験の受験は免除されますが視力などの身体検査は受けなくてはいけません。無事に免許を獲得すれば、一定の範囲内で船を操縦できます。釣りやクルージングなどを積極的に楽しめますが、更新の手続きがあるのを忘れないでください。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.