小型船舶免許の概要について

小型船舶免許は国土交通省が管轄する、水上オートバイなどを運転するための免許制度になります。区分としてはボートやヨットの一級と二級、水上オートバイ用の特殊免許が該当しております。それぞれ海域や馬力などが設定されており、指定内での運転に限り有効です。一級小型船舶操縦士は小型船舶に該当する大きさの船を無制限で操縦可能ですが、遠域は海技士の資格が別途必要になります。

また有資格者は本人ではなく受有する物が同乗していれば免除されるので、詳しくは免許制度の規約を確認することが必要です。二級小型船舶操縦士は小型船舶で、さらに海岸から9キロメートル以内の海域の操縦に限られます。年齢によっては小型船舶の中でも5トン未満などの制限が発生するので、事前に現行法を確認しておくことが必須です。この二級小型船舶操縦士には区分があり、海域ではなく湖や川などの運転に限定したクラスがあり、5トン未満で出力15キロワット未満の制限があります。

水上オートバイには特殊小型船舶操縦士の免許が必要であり、湖岸や海岸から約3.7キロメートルまでの距離を運転することが可能です。このように小型船舶免許の中でもクラスが設定されており、それぞれ注意点があることを忘れてはいけません。小型船舶免許の船は上限が決まっております。総トン数が20トン未満の船舶です。

一部例外があり一人で操縦するモデルで、長さが24メートル未満のプレジャーボートならば、総トン数が20トンを越えていても小型船舶免許で運転することが出来ます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.