売掛債権を現金化できる資金調達法の1つをファクタリングと呼んでいます。売掛金の回収期限にかかわらず、素早く現金化が図れるので、突然運転資金が必要になり困っている際にも便利に利用することができます。このファクタリングは融資とは異なり売掛債権の売買に当たるため、信用情報にも影響がなく、財務状況にも影響しません。資金繰りが難しい中小企業や個人事業主、フリーランスなどにとっては非常に強いに形になります。

これからファクタリングサービスを利用するにあたり、ファクタリング会社を利用したいと思う人も多いかもしれませんが、ファクタリング会社と一言で言ってもランキングもあるほど様々です。ランキングを参考にしても、どこを利用するのか迷ってしまいますが、その1つの比較ポイントとして、手数料について考えてみましょう。ファクタリングは2社間と3者間の2種類に大きく分かれますが、自社とファクタリング会社だけで契約になるのが2社間です。資金調達までのスピードが速く、外部にも利用がバレにくいです。

突然必要になった場合や、財務状況を知られたくない場合にはオススメと言えるでしょう。その一方で3者間とは取引先への承諾を得て契約を行うものです。貸し倒れのリスクも低くなり、手数料が比較的低いのが1つのポイントです。しかし手続きに時間がかかることから、早急な現金化には対応できないため十分に注意しましょう。

このような時に、入金スピードで選びたいのであれば2者間一択となります。多くのファクタリング会社が即日以外の対応と言われていますが、特に緊急性を要する場合にはランキングを参考に一度問い合わせることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です