長期経済停滞が続く日本においては、企業の資金繰りもかなり危機的な状況が続いています。銀行も融資を渋っている状態であり、企業経営者が最近救いを求めているのがファクタリング会社だとされています。ファクタリングとは、売掛債権を一定の手数料を差し引いて買い取ってくれるサービスであり、簡単な審査で現金を調達できるということで利用者が増加しました。しかし現在、ファクタリング会社は異様に増えている状態で、ユーザーはどれを選んでいいのか悩むでしょう。

ファクタリング会社が急激に増加している背景には、規制がないということが理由として挙げられます。ファクタリングは、売掛金の売買であるため、利息制限法や貸金業法などの規制を受けません。そのため、ファクタリング会社を営むのに特別な許認可などは必要ありません。そこに目を付けて、怪しい会社もファクタリング業に参入しているので、ユーザーは十分気をつける必要があります。

ファクタリング会社を選ぶ際に、ランキングサイトを活用する人も多いでしょうが、あまり当てにはなりません。ランキングサイトでは、主に手数料でランキングをつけていることが多いですが、ファクタリング契約をする際には、手数料よりも、契約書の中身をしっかり確認することが大事です。とくに売却した売掛金が、もしも入金されなかった場合に、どのような対応が迫られるのかは大事です。ユーザーが弁済しなければならないというような内容になっている場合は、注意が必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です