ファクタリング会社によって具体的なサービス内容や手数料に違いがあります。例えば個人事業主が主な顧客で、少額な債権の2社間ファクタリングを得意とする会社などが存在します。手数料は割高ですが即日振込が可能でオンラインでの手続きにも対応しているものや、医療関係の債権を専門的に扱っているものなどもあります。ファクタリングには大きく分けて2社間取引と3社間取引が存在します。

一般的に2社間取引は売掛先が関与しないため、手続きが簡単で現金化までの時間が短いという特徴があります。利用者が売掛金の入金を受けてさらにファクタリング会社へ支払うため、回収不能となるリスクが大きく手数料は割高に設定されるのが通常です。2社間取引の手数料は売掛債権額の6%から40%ほどが相場とされます。3社間取引は売掛先が関与するので時間がかかりますが、リスクが小さいため手数料は割安に設定されています。

売掛債権額の1%から5%ほどが3社間取引における手数料の相場です。ただし実際にはファクタリング会社によってサービス内容や手数料に違いがあるので、各社の評判などを比較して自社に合ったものを選ぶ必要があります。ファクタリング会社の評判を比べるには、各社のホームページで紹介されている利用者による口コミが役立ちます。またブログやSNS、掲示板などでも利用者からの評判を知ることができます。

ランキング形式で評判のよい会社を紹介しているサイトもあるので、利用するとよいでしょう。紹介サイトを使えば自ら、ホームページなどを参考にして信頼できるファクタリング会社を調べる手間を省くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です