FXで勝つためには手法を極めることは必要ですが、東京市場やロンドン市場、ニューヨーク市場など、各市場の特徴を知っているとより勝率を高めることが出来ます。まず、一日の流れを大まかに説明するとニュージーランドのウェリントン、オーストラリアのシドニー市場から取引が始まります。この時間帯は日本時間の深夜4時や5時となり、比較的値動きが安定しています。一定の範囲で価格が動いているのでこの時間帯に大きく利益を狙うのは難しく感じます。

ニュージーランドやオーストラリア市場がオープンした後に東京市場や各アジア市場がオープンしますが、特に東京市場がオープンする午前9時頃は取引が活発になります。午前10時前は銀行の仲値が決まる時間でもあります。取引量が多くなり、この時間を狙って取引されているFXトレーダーも多いようです。また、東京時間の午前中は国内の経済発表があります。

結果によっては値動きが大きくなり、特にドル円の取引が活発になります。もちろん、ドル円の値動きが大きくなるとそれに連動して他のクロス円の値動きも大きくなるので注意が必要です。他にも株式の値動きも為替に影響があります。日経平均株価が下がると円高になる傾向がみられるので株価の動きもチェックしておくといいでしょう。

ただ、東京時間は大きく相場が動かず、ボックス相場で動く特徴があるので、FX取引の戦略として順張りよりも逆張り取引の方が利益を積み重ねやすく、スキャルピングに向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です