FXは、外国為替証拠金取引と訳されるもので、世界で流通しており日々、交換レートが変化している通貨を売買することで差益を得るというものです。現実通貨を売買するのではなく、権利を売買する先物取引の一種になり、大きなお金を動かすために必要な証拠金取引としているのが最大の特徴です。証拠金取引は信用取引の一種で、預けたお金に対して数倍から日本国内の個人向け口座では最大25倍のお金を使って取引が出来るというものです。またFXでは取引に必要な手数料を無料としているところが多く、代わりにスプレッドと呼ばれる実際のレートに手数料を上乗せする仕組みとなっており、手数料を別に用意する必要がないのも特徴ですし、米ドルであれば、1万通貨単位で25倍のレバレッジであれば6万円程度から取引をはじめることができます。

このため、FXは少ない資金からでもはじめることができる金融商品になります。FXは他の金融商品と比較するとシンプルに出来ており、低い信用力からでも参加することが可能というのが大きな違いです。また証券会社とは異なり、金融先物取引業者でもサービスを提供しているためハードルが低いといった違いもあります。取引の方法に関しても権利を売買するだけなので、売りから入ることも可能です。

一方で証拠金取引という性質上、ハイリスク・ハイリターンの傾向にあります。特に現物を保有するわけではないので、永遠に保持することは出来ず一定の損失額になると強制決済されるといったデメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です