FX会社はたくさんあるので、どの会社を選ぶか迷ってしまいます。近年、扱う会社もどんどん増えてきて、ネットやテレビでコマーシャルを流して顧客を確保しようとしています。それだけ、企業にとっては利益が上がり、メリットのある業種なのでしょうか。FXで取引する場合、スプレッドという手数料が発生します。

これは、買値と売値の差額で、それが狭い方が手数料が安く取引に有利に働くのです。たとえば、通貨ペアが、ドル/円で0.3銭固定などと言いますが、一回の取引で0.3銭手数料としてかかりますよという意味で、スプレッドが狭い方が良いということになります。ただ、これだけでFX会社を選ぶのは安易で、ツールの充実度、チャートの見やすさ、顧客に与えることができる情報量の多さ、サポート体制など考慮して選ぶのが必要になってきます。それに、口座を作り一定の条件をクリアすれば、キャッシュバックがある会社も多いです。

中には、口座開設しただけでも、キャッシュバックがある会社もあります。他にも、キャンペーンをしてポイントがもらえたり、食品など品物がもらえたりする会社もあるほどです。売買して取引が成立したことを約定といいますが、自分の思っていた値段で約定しなければ意味がありません。外国為替は生き馬のように休むことなく動いているので、激しい値動きの時などスリップページと呼ばれる現象が起こり、かけ離れた値段で約定してしまうこともあります。

こうした約定率も視野にいれておかなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です