FXを始めようと思った場合には、FXに対応している業者に口座を開く必要があります。一方で業者の数は多く、以前は金融先物取引を専業としているところが中心でしたが、近年は業界再編などもあり従来の証券会社のほかネット銀行などもFXに参入しており、選択肢が広がっています。このため業者選びがポイントになってきます。基本的に選ぶポイントとしては、預かり金の保護制度を利用している業者であることが絶対条件といえます。

これは業者とは別に預り金保護を目的とする機構が資金保護を約束するというもので、これにより業者が財務上の問題で破綻した場合でも利用者の口座にある資金は保護されます。個人向けにサービスを提供しているところは、ほぼすべてこの保護制度を利用していますが、利用するさいにはチェックすべきポイントといえます。一方でFXでサービスの良さで言われるのがスプレッドとスワップです。多くの業者は手数料無料としているところが多いですが、実際には取引レートに加算されるスプレッドによって手数料を徴収する仕組みとなっています。

このため手数料が無料でもスプレッドが高ければ多くの手数料を取られることになります。またスワップはホールドしているさいに1日単位で加算される金利です。買いの場合にはプラスされますが売りの場合にはマイナスになるため注意が必要です。基本的には大手FX業者の場合にはスプレッドやスワップは同じ水準となっており、ほぼ同じサービスといえます。

このため業者の違いとしては情報提供力や注文方式などが中心になります。ファクタリング会社の評判のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です