FXは、外国の為替を購入するあるいは売却してその価格の差益をえる取引です。株でいうところの信用取引に似ています。つまり株が値上がりすると考えれば、購入して値があがればその差益をえて、他方株が値下がりすると考えると空売りといって一旦売却したものを値が下って安く買い戻すしてい利益をえるという構造です。要するに為替の価格は値が上がっても下がっても取引に仕方により儲けることができるのがFXです。

しかしFXでは、株の信用取引とは大きな違いがあります。それはレバレッジといって資金の対していくらまで通貨を所有または売却できるかという点で、このレバレッジは株では3倍つまり4万では12万分しかも運用できないところが、4万円でレバレッジが最大25倍まで可能である点です。簡単にいえば少ないお金で大きな通貨単位を運用できます。そのために少し差益でも大きな利益になる可能性もあります。

たとえば米ドルを1万単位の通貨で110円で所有して、1日で112円になれば、2万円の利益になりこの場合にレバレッジが25倍であれば僅か5万円ぐらいの保証金でこれだけの利益が得られます。がしかしFXにも短所があり、このレバレッジが逆に作用するつまり例の米ドルの件でいけば、108円に値下がりすれば2万円の損失になり、レバレッジによってリターンもおおきいですがリスクも大きい点です。この点をよく理解してFXの運用をすれば大変魅力ある取引が可能であると言えます。ファクタリング会社の比較のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です