もしも何か投資を始めようと思ったら、まずは手元に投資資金を確保しなければなりません。そしてその投資資金とは、決して生活費などの必要なお金から強引に捻出してはいけません。そうではなくて、当面は必要ない余剰資金の中から捻出するのです。それが投資資金なのです。

この考え方は、どんな種類の投資にも共通していて、FX投資においても全く同じです。特にレバレッジを高く設定してFX取り引きを行う場合は、負けた時の損失は大きくなってしまいます。だからこそ尚更、投資資金は余剰資金でなければならないのです。そうであれば、たとえ少しくらい損失を被ったとしても、自分や家族の日常生活には何も支障はないのです。

しかし、逆に大切な生活費をFXに注ぎ込んでしまったとしたら、一体どうなるでしょうか。確かに勝てば利益を手に入れることができますが、負けてしまえば利益は手に入りません。それどころか大切な生活費が無くなってしまう危険があるのですから、明日からの生活に重大な支障を来してしまうことは間違いありません。ですから実際に投資を始める時には、投資資金は正しく用意しなければなりません。

また、その資金管理も細かく入念にしなければなりません。とにかくFXにはレバレッジがありますので、どんぶり勘定のような大雑把な資金管理では危険なのです。投資とは、勝つこともあれば負けることもあります。ゆえに投資資金が少ないと、一度か二度負けただけで市場から撤退せざるを得ないこともあります。

ですから投資資金は、少ないより多いに越したことはありません。FXも、なるべく潤沢な投資資金で始めたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です