Skip to content

コピー機のリース契約と経費削減

コピー機はリース契約を取り交わすことで、オフィスなどでの経費削減に役立ちます。

自社で購入をして運用をするよりも遙かに安価になる可能性が高いわけです。購入により運用をする場合は、購入する機種の選定からその設置を行うこと、またインクカートリッジあるいはトナーの交換に至るまで、購入を行ったものの責任で行うものです。しかしながらコピー機のリース契約では、こうした費用は貸し主側が全て請け負うのが通例となっており、借りる側の負担は少なくて済みます。

無論、契約により毎月の費用は発生しますが、その負担以上に人手を最低限しか割かなくて良いメリットは、計り知れません。そのため、毎月一定枚数以上を使用することが確実なときには、借りて使用をすることが鉄則になっています。故障時の対応でも、借りている側が割かなければならない人手は最低限で済みますので、この作業のために重要な仕事を放置しないで済むことは大きいです。

故障時には、そのコピー機におけるリース契約を交わしている業者に連絡をします。その業者は故障内容や液晶画面などに表示されているエラーメッセージなどから、修理が可能な部品などをオフィスに持ち込んで対応をすることになります。ただし、内容によっては機種そのものを交換しなければならず、そのときには最初の連絡で想定がつけば対処をあらかじめ考えてきますが、当日の作業にならないことも起こり得ることから、最初の契約時になるべく問題が起こっていないものを選定するのも有効です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *