Skip to content

コピー機のリース契約と機種変更時

コピー機のリース契約は複数年度にまたがって行う場合と、単年度ごとあるいは一定期間ごとで取り交わす場合など色々です。

大抵は借り主側の意向によって決められるもので、その提示した条件に合致したところと契約を取り交わします。ただし、貸し主となるコピー機のリース会社の都合による機種変更では、貸した側の責任によって機種変更を申し出られることがあります。今まで貸していたものについて何らかのトラブルがあって、リコールの対象になったりするとそのまま使い続けることが借り主の不利益になるケースがあり得ます。

問題が発生しなければ良いというわけではなく、貸した側の責任で機種変更を行ったりするわけです。また印刷費用が急激に上昇したりしたときにも、その原因追及のためにそのコピー機ではない別のものとのリースに変えることがあります。毎年のように最新のものが登場するため、借りる側はその経費と求める内容に合致したものかどうかはチェックが欠かせません。

事前のリサーチが重要になるほか、最新の機種を選ばずに安定して稼働をしている少し型落ちの機種を選ぶなどの工夫も重要です。少しでも経費削減を考えれば、型落ちをしていても印刷枚数にかかる単価が少しでも安ければ、そちらを選択する意味はあります。業者側も契約時において、機種変更の可能性を言及するなどの対応、言葉添えなども重要です。水掛け論になりがちな部分のために、契約書に明記することも考慮します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *