Skip to content

コピー機リースの相場を知っておこう

新品のコピー機を導入する場合、現金一括払いで購入するのではなく、リースにするのが一般的です。

その場合の相場を知っておかないと、割高な契約を結んでしまう可能性があります。リース料金はコピー機の性能に比例しています。ここでのコピー機の性能は印刷速度を指し、1分間に何枚印刷できるかを意味します。15枚機の相場が4000円から8000円程で、50枚機では18000円から25000円程と高額になります。一般的なオフィスで最も導入されているのが、20枚機で7000円から15000円程が相場となっています。

リース料金とは別に1枚印刷するごとにカウンター料金がかかります。この料金は、カラーとモノクロでは大きく異なります。15枚機の場合、カラーで20円から30円程、モノクロで3円から8円程が相場です。50枚機になると、カラーで10円から15円程、モノクロで1円から1.5円程が相場になります。コピー機の性能が上がるほど、印刷枚数も増えることが想定されていて、使えば使うほど安くなる料金体系になっているのです。

コピー機はレンタルもできますが、この場合、初期費用がかかるのが一般的です。リースの場合、初期費用がかからないことも大きなメリットの一つです。また、経費扱いにできるため、安定して利用し続けることができます。リース契約を行う際、必要十分な性能を検討しておくことが大切です。月間印刷枚数の実績があれば、大いに参考になります。カラーコピーは割高になるので、カラーコピーが不要であればモノクロ専用機を導入するのもおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *