Skip to content

コピー機のリースにおける審査はどんな感じ?

コピー機をリースで導入する場合、審査が必ずあります。

この審査の意義はシンプルで、利用者に支払い能力があるかどうかをチェックするためのものです。近年はコピー機のリースは低価格化している傾向があるので、審査基準はそれほど厳しいものではありません。最も重要なのは、企業や個人事業主本人に滞納がないことです。例えば個人の場合、3ヶ月以上連続で支払いが遅れると、信用情報機関によりブラックリストに登録されてしまいます。こうなると、審査の通過はまずあり得ません。会社や個人事業の業績についてもチェックが行われます。

安定して黒字を出していればほぼ間違いなく通過しますが、赤字であったとしても経営者個人の信用情報に問題がないこと、十分な資産があることなどの条件をクリアすれば、通過する可能性は十分にあります。この他にも、会社経営者の年齢なども確認されるのが一般的です。経営者が高齢である場合は、審査が通りにくくなります。このように、コピー機のリースにおける審査では、会社や経営者個人のことがチェックされます。

しかし、会社の経営に問題がなく、経営者個人の信用にキズがなければ基本的にはパスできるものです。必要以上に心配することはありません。なお、審査についてはコピー機の取扱店に書類を提出し、その書類を基にリース会社がチェックを行い可否を判断するという流れです。結果については、リース会社から直接知らされるのではなく、取扱店経由となります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *