Skip to content

コピー機のリースとレンタルの違い

オフィスの必需品にはさまざまなものがありますが、コピー機はその筆頭に掲げられるほど重要な機器です。

最近ではかならずしも新規で購入するのではなく、コピー機を専門の会社からリースまたはレンタルで導入することもめずらしくはなくなりました。いずれも使用期間中の所有権は自社にはなく、あくまでもリース会社またはレンタル会社のものですが、実際のところ所有権の有無がビジネス上の問題になることはほとんどありません。逆に税制上は所有権を取得していないことがメリットになる場合もありますので、両者の違いを知って適切な方法を選択するのがよいでしょう。

コピー機をちょっとした用途で短期間だけ使用したい場合には、レンタルのほうが適している場合があります。たとえば不定期なイベントの期間中だけ必要な場合が典型的ですが、レンタルであれば数日程度であっても契約が可能であり、手続き的にも審査がありませんのでかなりスピーディーに対応してもらえます。

途中で契約解除をするのも可能で、使い勝手としてはよい部分が多々ありますが、その分だけ料金が高くなってしまうおそれがあります。いっぽうのコピー機のリースですが、こちらは審査を経てリース契約を締結する必要があるため、レンタルほどスピーディーとはいきません。しかし購入するのと変わらないような新品をオフィスに導入することができ、比較的長期にわたって月割の安価な料金で利用できるところが優れています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *