Skip to content

コピー機のレンタルとリースの違い

コピー機を導入する方法で、リースとレンタルの違いがよく分からないという方は多いのではないでしょうか。

どちらもコピー機を借りてくるということでは同じなのですが、リースはどちらかというと購入に近い形の貸し出しで、レンタルは短期間利用するために借りるというような位置づけでしょうか。どちらで調達するのがいいかといえば、それは「利用期間」に他なりません。一般的な尺度としては、利用期間が2年くらいまでならレンタルがおすすめで、それ以上ならばリースで契約するというパターンが多いでしょう。

コストはレンタルの方が割高になり、カウンター保守料金などもレンタルの方が高くなります。両者に共通するメリットとしては、減価償却・固定資産税が不要であることや、費用をすべて経費処理できることなどがあります。リースにしかないメリットとしては、最新の機種が使えること、製品を選べることなどが挙げられるでしょう。レンタルで貸し出されるのは型の古い中古品のみですから、性能的にはあまり期待することはできません。コピー機のリース契約にはデメリットもないわけではありません。

まず審査が必要になるという面倒さがあります。契約する際に、ちゃんと支払いができる会社なのかを審査され、財務内容などが酷いと契約を断られる可能性もあります。また、途中で解約したいと思ってもそれは出来ません。解約する際は、残りの費用を一括で支払わなければいけなくなったりします。契約満期までちゃんと使う見込みがある場合にだけ利用しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *