Skip to content

コピー機をリースするとランニングコストはどうなる?

コピー機を利用していると、インクやトナーといった消耗品のコストは意外に高くつきます。

リース契約は契約内容が複雑であることが多いので、これらの消耗品費についてはどうなっているのか分かりにくい可能性があります。この点、コピー機のリース月額料金には消耗品の費用は含まれません。これはあくまでコピー機本体の価格に過ぎないので、消耗品などのランニングコストは別途のカウンター料金に含まれます。

リース契約におけるカウンター料金とは、例えばモノクロ1枚3円~、カラー1枚20円~というように決められた単価に、一定期間における印刷枚数を掛け合わせた値のことを言います。一般的に単価はコピー機の印刷速度で決まります。単価は消耗品の代金も想定して決められているので、インク代やトナー代はここで徴収されます。そのため別途で実費払いする必要はありません。また、カウンター料金を支払えば劣化した部品の交換や修理対応も行われます。すなわち、カウンター料金を支払うことでランニングコストや修理代を心配する必要なくなります。

カウンター料金を支払うメリットは、会社の業務がストップするリスクが大幅に軽減される点です。インクやトナーが少なくなれば電話一本で簡単に取り寄せることができますし、トラブルが発生した場合もすぐに対応してもらえます。業務が長時間滞ってしまうことが無くなります。払っている場合といない場合とでは、利便性が大きく異なります。このような理由から、リース契約を締結しているほとんどの企業ではカウンター保守契約を締結しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *