Skip to content

コピー機をリースするなら

コピー機をリースする場合は、本体価格とランニングコストの違いをしっかり把握しておくことが大事です。

ランニングコストの中でもカウンター料金は、印刷枚数分の費用を会社から請求されるので、使い方によっては低コストですむ場合もあります。コピー機をリースする時は、どんな機能がついているかで選ぶといいでしょう。最近はスキャンしたデータを簡単にパソコンに転送したり保存できる機能もあるので、自分の仕事のニーズにあった機能を選ぶとより仕事がはかどります。

コピー機のリース会社は全国に数多くあるので、どこに依頼すればいいか迷う人も多いです。中には本体価格がかなり格安な所もありますが、本体価格が極端に格安な場合は、中古の製品で会社が在庫処分をおこなっている場合もあるので、ちょくちょく壊れてしまい、作業がはかどらなくなります。どうして本体が安いのかも、担当者に聞いてみるといいでしょう。明確な回答が返ってこない場合は、その会社は避けた方が無難です。

どんな時に追加料金が発生するかも担当者に確認をとることも大切で、確認をせずに契約をしてしまうと、後で高額な追加料金が発生することになります。会社のアフターサービスに対応しているかも確認することが大事です。悪質な会社になるとコピー機が故障をした場合は、対応してくれずにトラブルになるケースもあります。コピー機のメンテナンスを行う時は、リース会社で対応してくれるかも確認しておくことが大事です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *