Skip to content

コピー機のリース契約終了時はどうするのがお得か?

契約には有期のものと無期のものがあります。

例えば、物の売買契約を結べば、買い手は永久的に所有権を持つことができます。これは無期の契約です。一方、リース契約は予め期間を定めて借り受ける形態なので、有機の契約に該当します。つまり、契約時に定めた期間が満了を迎えれば、導入していた機械を利用する権利はいったんなくなります。契約契約が終了する年を迎えると、リース会社の営業マンの出入りが増えます。

そして、今後のコピー機の導入についてさまざまな提案が実施されます。強く勧められるのは、新しいコピー機や複合機の導入です。その理由は、新しいマシンを導入してもらうことで、引き続き次の契約期間、安定した売り上げと利益を確保することが可能になるからです。今までよりもグレードの高いマシンを設置してもらえれば、利益が増える可能性だってあります。新機種の魅力と業務改善の期待がどれほどあるのか、今より台数を増やすメリットについてなど、多様な角度から提案が行われます。しかし、利用者はこのような提案を断って再リース契約を結ぶことができます。この契約は、今あるコピー機をそのまま利用し続ける方法です。

既にリース会社はこれまでの契約で利益を得ているので、かなり安い価格のまま使い続けることができます。一般的に、5分の1から12分の1程度にコストを圧縮できると言われています。ところが、リース会社側としては利益が減ってしまうことになるので、この提案はあまり積極的に行わない傾向があります。このような事情を考慮すると、現状のコピー機に不満はなく、故障トラブルも少ないのであれば、あえてそのまま利用し続けるという選択肢は有効です。この場合、一般的には1年単位の新しい契約を結ぶことになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *