Skip to content

コピー機の「リース」と「レンタル」は違うもの

コピー機を企業に導入する方法は3つあります。

「リース」と「レンタル」、そして「買取り」です。この中で、リースとレンタルの違いはわかりにくく、混同してしまう人が多いです。リースの場合は契約者は法人のみとなり、企業にだけコピー機を貸しています。レンタルの場合も法人が対象ですが、個人にも貸すという違いがあります。また、利用期間についてですが、リースの場合は通常5~7年程度の契約になり、中途解約はできません。

新品の最新機種を選ぶことができ、初期費用が掛りません。レンタルでは数日~3年程度の契約期間で、中途解約ができます。ただし、レンタルの場合はレンタル会社が商品を指定するという特徴があり、コピー機の機種を選べないということと、初期費用が掛かるということを知っておきましょう。リースとレンタルの両方に共通することなのですが、所有権は貸してもらっている企業にはありません。もし勝手に転売したり、捨ててしまうようなことがあれば、大きなトラブルに発展してしまうこともあります。

良い点を挙げると、資産ではないため減価償却や固定資産税などの支払いが発生せず、事務処理も必要ありません。さらに、保守契約という保証のようなものに加入することが必須となっていて、もしコピー機が壊れたかもしれないというときは迅速に修理に来てもらえますし、定期的なメンテナンスをしてもらうこともできます。基本的には修理に掛かる費用も無料になるので、コピー機の不具合で業務に支障が出ることもありません。こういったアフターサポートを受けられるのも、大きなメリットの一つです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *