Skip to content

コピー機のリースと単価契約について

コピー機を購入してオフィスに置く場合、コピーのために必要になると名は自分で購入して補充する必要があります。

そのため使った分だけコストがかかると言う仕組みになりますのである意味では分かりやすいと言えるでしょう。ベタ塗りに近いコピーを繰り返せば想定枚数よりも早く交換時期が来てしまいますし、逆に短い文章などのような白っぽいコピーを多く利用するのであれば想定枚数よりも多くコピーをすることができるでしょう。

もしも前者のようにトナーの使用量が多いことが想定される場合、リース契約の中に組み込むことのできる単価契約を検討することがコピー機をお得に使う秘訣となる場合があります。この単価契約と言うのはその名称が示しているとおり、1枚コピーすることに決まった金額を支払うと言う内容になります。

使ったトナーの量に関係なく枚数での契約をすることができますので、実情に合わせたメリットのある使い方をすることができます。このような契約はリース契約でコピー機を導入した場合にできるものであり、コピー機を購入した場合には対応することが難しいでしょう。

リース契約を考えるのであれば、このような仕組みを活用することによってメリットが得られるのかどうかもしっかりと考えることが望まれます。実際の運用にあたっては様々な種類のコピーを活用することになりますので、想定される使用目的と頻度をしっかりと考え、単価契約の締結に臨むのが正しいスタイルであると考えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *