Skip to content

リースのコピー機の特徴

コピー機のリースとレンタルはいったいどう違うか分からないといった人も多いかもしれません。

いちばん大きな違いは利用期間で、リースは5年~7年と長期、レンタルは数日~3年ほどと短期です。ただし、前者の長期契約、後者の短期契約も可能な所も増えています。リースでは新品、レンタルでは中古のコピー機です。前者は高価な最新鋭のものや特殊な機能が付いたものを使うことができるゆえ、中途解約することができません。後者は途中で解約することができます。

購入したものではないコピー機の所有権はお客様の方にはないため、固定資産税や原価償却などは不要です。また使用にあたって欠かすことができない保守やメンテナンスつまりアフターサポートを受けることができます。売却や破棄については所有権がないわけですからできません。契約終了後のものの売却や破棄は業者が責任を持って代行してくれます。コピー機のリースすることはごく一般的な行為です。

レンタルや購入する人の方が圧倒的に少ないでしょう。そのわけは資産ではなく経費として会計帳簿の上で扱うことができるからです。今日は中古のコピー機であっても安心して使うことができますが、以前は中古品はほとんど販売されていず、保守などの決めごとも特にありませんでした。リスクが非常に大きかったということです。そうした中ではリースするメリットが想像以上に大きかったですし、今日でも様々なメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *