Skip to content

コピー機のリースについて

コピー機などOA機器を会社として利用する場合にはリースという選択肢も一般的ですが、そもそもリースとは何でしょうか。

これはそのコピー機を借りて利用するということで、一種の賃貸契約です。レンタルも借りて利用するのは同じですが、レンタルの場合は数日程度の比較的短期の契約であることが一般的な反面、リースでは最低でも半年程度といった比較的長期の賃貸契約であることが両者の違いです。コピー機を借りるのも、賃貸マンション契約などと似たようなものと考えてもらっても良いでしょう。

賃貸マンションと同じように、毎月の賃貸料を支払って利用することができます。毎月お金を払うものの分割払いでは決してありませんから、契約期間が満了しても自分の会社の資産になるわけではありません。同じお金を払うのであれば、分割払いで購入したほうがメリットがあるのではないかと考える人もいるでしょう。ですが、リースの場合は常に最新の機器が使えるというメリットがあります。

分割払いで購入後は会社の資産になるとは言っても、技術革新の早い時代ですから、数年も経過するともうとても使い物にならないということは普通に起こるでしょう。賃貸契約の場合は、契約期間が満了すれば機器は引き取ってもらうことができ、継続してコピー機を利用したいのであればその時点での最新機器で再び賃貸契約を結ぶことができます。その他、自分の会社の資産にならないことで逆に節税になるという場合もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *