Skip to content

コピー機のリース時に結べるキットトナー保守契約とは

仕事場にリースでコピー機を導入する際に結ぶことができるメンテナンスに関する契約の一つに、キットトナー保守契約とよばれるものがあります。

この契約を結ぶと、リースしたコピー機専用のトナーを購入し続けている間、本体が故障したときの修理費用を無料にすることができます。無料の対象は工賃だけでなく、メンテナンススタッフの出張費や交換用パーツの代金がすべて含まれるので、故障が心配なのであればコピー機のリース契約と一緒にこの契約も結んでおくと良いです。キットトナー保守契約は、注意点の多いメンテナンス内容です。

まず、この契約を選択することができる製品はほとんどがモノクロ機で、カラー印刷に対応しているコピー機でリース時にこの契約を結べる製品は非常に限られています。モノクロ印刷しかしないのであれば問題ありませんが、カラー印刷をする可能性がわずかでもある場合は別の保守契約を選択した方が良いです。

次に、この契約は専用のトナーを使うことを条件に結ばれるものであるため、非純正品のトナーと取り替えてしまった場合は自動的に解約扱いとなります。また、一度もトナーを交換せずに使用を続けている場合でも、規約で定められている期間をすぎてしまうと契約の効力がなくなります。解約後に本体が故障してしまうと、高額の修理費用を全額ユーザー側で負担しなければならないので、やむを得ない理由がない限りキットトナー保守契約は有効な状態を保っておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *