Skip to content

安易なコピー機リースには注意を

ないのであれば借りればいいのが今の時代の主流になりつつありますが、注意しなければいけないことがあります。

そのひとつになっているのがコピー機のリースになります。個人事業主やsohoの事務所で使うときなど、レンタルで借りることができることから重宝することもありますが、注意しておきましょう。色んなメーカーがありますが、コピー機のリースとなると対象にしているのは法人であることが圧倒的に多く、個人事業主やSOHOの事務所を対応していないことが多いです。

コピー機のリースは、審査が必要になることが多く、それで落とされる可能性があります。一方事務所に置くことができる契約形態になるのが、レンタルです。ここで疑問に感じることになるでしょう。リースとレンタルは同じ契約形態になると考えている人も多いですが、まったく違いますので、ここは注意してください。あくまでもリースは契約期間は破棄をすることができません。

一方レンタルとなると、いつでも好きなときに契約を破棄することができますので、一時的に活用したいときなどに利用することができるでしょう。そう考えると、いつでも契約を破棄することができることから、個人事業主やSOHOの事務所になると活用しやすい契約形態はレンタルとなります。同じ言葉と感じてしまうことから、最初に依頼をする時に失敗しやすいことになりますので、このような形態があることは事前に理解しておくと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *