Skip to content

コピー機は中古品購入とリースどちらがいいのか

今の時代どんな業種の企業だったしても、コピー機は必要だと言えるでしょう。

そのさいに経済的負担を少なくするのであれば、コピー機の中古品を購入するか、またはリースになります。中古品は確かに安く10万円以下で購入できることもあります。5、000円~30、000円がリース料金の相場と言われているので、10万円以下の中古品であれば、経済的にお得だと言えるのかもしれません。しかし激安価格で販売されている中古商品の場合、故障するリスクがちょっと高くなる傾向があります。

保証などがあったとしても、短く設定されている傾向があるので、購入したから1年後に修理代金として数十万円かかると言うこともあるでしょう。万が一故障してしまった場合に仕事がスムーズに行かなくなり、場合によっては仕事に悪い影響が出てしまうことも。状態のいい品を購入できれば借りるよりいいですが、それは正直運任せになってしまう部分があります。コピー機のリースであれば、基本的に新品を利用することになります。

そのため、業務用にちょっとハードに使っていても故障する確率はそれほど高くありません。保守契約を結んでいれば万が一壊れた場合に、修理を無料で行ってもらうことが可能です。故障する頻度が少なくなるので、コピーができないことにより、仕事に悪影響が出ると言うこともあまりないでしょう。こうしてみると、コピー機はリースと中古品購入どちらがいいのかは、答えに悩むことになります。安心を取るならリースで、とにかく安さを追求したいと言う人は中古品購入がいいのではないでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *