Skip to content

コピー機をリースする魅力について

コピー機の性能は日々進歩していて、今の時代5年も製造年月が異なると、使い勝手がワンランクアップしていることでしょう。

最近ではパソコンやクラウドシステムとの連携が進み、その結果、外出先からFAXを確認したりUSBを使えたりできる言う状況になっています。省エネ性能も上がり、電気代金が昔よりもグッと節約できるようにもなっているのが今の時代です。こういった状況なので、新品のコピー機を購入するとなるとあとで後悔してしまうかもしれません。一台100万円以上するので、購入したら簡単に処分することはできないと言う心理が働くからです。

コピー機のリース期間は3~6年程度が多いと言われています。リース期間が終われば、「その時期の最新式コピー機を利用することができる」のが魅力だと言えるでしょう。レンタルでもいいのではと思った人もいるかもしれませんが、傾向としてレンタルよりリースの方が、料金が安く済むのでそうとは言い切れません。最新機を利用するとなると、なんだか気分がウキウキするのではないでしょうか。

それまでの携帯からスマートフォンに変えたとき、驚き心が高揚したと言う人もいると思いますがそれと同じです。こういったことは、具体的に数字にできませんが意外と大切だと言えるのではないでしょうか。新しいことをすると、ドーパミンが出て脳が活性化すると言われています。そうなると最新版のコピー機をリース続けることで、社員の脳が活性化させることができ、作業効率がよくなるかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *