Skip to content

リースを活用したコピー機導入

現在はペーパーレス化が進んでいますが、電子機器が無い環境や電源の少ない環境でもすぐに読めて書き込みも容易な印刷物は、ビジネス場面でまだまだ使用されています。

また、印刷物は多くの人が集まる場面では同じ図面を確実に共有できるツールであり、不特定多数への配布物や掲示物の作成には印刷物が欠かせません。とはいえ、今後もペーパーレス化が進むことが予想される今、高額なコピー機を購入して導入するのは難しいでしょう。さらに、電子機器の進化が目覚ましい中では、現在最新型とされる機種も数年のうちに旧型となってしまう可能性があります。

もちろん、旧型となってしまった機種を下取りに出したり中古販売したりして新しい機種を導入することもできますが、商品価値の低くなった製品を元手にした新規購入はベターな選択ではないでしょう。そこで、コピー機を新たに導入する場合にはリースを活用するのが最善策です。コピー機のリースであれば比較的新しい機種を常に使用することが可能になります。

ここで注意するべきは、レンタルとリースの違いです。もし、イベントに合わせた使用や繁忙期のみの使用を前提としているのであれば、貸与期間の短いレンタルが最適となります。さらに、コピー機をリースで使用することを選べば保守点検のサービスを包括的に契約することが可能となり、メンテナンス費用を抑えることにつながります。そしてリース機器は資産扱いとならないので、税務的なメリットもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *