Skip to content

コピー機のリースについて

会社によってはコピー機を自ら購入して使用することがよくありますが、その他の例として、リース契約により使用することもあります。

そもそもリースとは、使用する者(ユーザー)がリース会社と賃貸借契約を結び、今回の場合で言うとコピー機を使用することを言います。言い換えると、借りて使用することです。コピー機を購入することはどの会社でもできそうに見えますが、購入するとともに設置などに係る費用があるため、コストをかける必要があります。一方で、リース契約では1年単位で賦払いにより本来の購入代金を決済することが可能となるため、一度にコストによる負担をかけないようにすることができます。

そのほかにも、契約内容によっては借りている物を自分の物として譲り受ける場合があります。この場合にも、購入代金を決済することには変わりが無いため、買い取りとして取引が行われます。コピー機を賃貸借契約により借りることが、通常の購入と異なる点は、契約するに当たって審査を通る必要があり、契約期間が終了するまでは、原則として解約することができません。

経理目線で言うと、購入に比べて賃貸借による方が会計処理が簡単になります。さらに、リース会社から保険の適用があるため、契約期間中に地震や火事などの災害によるトラブルが発生した場合でも、その場面に応じた対応を受けることができます。ただし、ユーザーの故意での破損などに関しては適用対象外となるため注意が必要です

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *