Skip to content

コピー機のリースと購入の違い

コピー機をオフィスなどに設置する場合、購入とリースのどちらが良いでしょう。

購入では減価償却の分しか経費にすることができません。このことで資金繰りが苦しくなることもあります。リースの利用料金は経費にすることができます。またメンテナンスやトナーなどに関する契約をすることもできます。総支払い金額はリースの方が購入より高くなるでしょう。ですが、上記のようにメリットがたくさんあります。更新時に最新の製品を契約をすることができるところも魅力です。

中途の解約契約は原則的できませんが、条件を満たしていれば可能です。他にも特記することがあります。その利用料金は経年にともない下がります。5年ほどのスパンで見れば購入の方が得ですが、それ以上だとリースの方が得です。リースするコピー機の機種の選び方に関しては事務所などの資金で決めてください。安いものが良ければカラーや印刷サイズに制限がある機種、月々の印刷枚数を想定することができるならそれに即した機種が良いでしょう。

多少高くても連続複写のスピードが速いものを希望する場合はそれを選んでください。印刷の品質で選ぶこともできます。なお中古ではなく新品になります。建設現場、選挙事務所、法律事務所、コピー機はオフィスなど以外にも設置する必要があります。学校や塾、イベント会場もそうです。個人ではなく法人でその契約をすることもできますし、上記を踏まえて、そのを検討しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *