Skip to content

コピー機をリースする際の注意点

会社や自宅で使うコピー機は、購入するよりもリースした方が良い場合があります。

ただしその時にはいくつか注意しておきたいことがあるのです。中でも費用に関することについては、詳細に調べておきたいです。たいていの場合、コピー機のリース料と保守点検料の二つが必要になります。特に後者はリースをするところによってかなり違ってくるため、事前に問い合わせておきましょう。具体的には修理することになった際や、コピー用紙やインクなどの消耗品の補充にかかるお金のことです。場合によっては、自分で行うことによって安価になる場合があります。

それから目的に合ったコピー機を選ぶのも重要になってきます。最近のものはファックスやスキャナーなどさまざまな機能が備わっています。便利ではあるものの、コピー以外の機能が付いていればそれだけリース代金が高くなっていきます。そのため必要がないのなら無理して最新のものを利用する必要はありません。加えてモノクロ印刷しかしないのであれば、カラー機能やインクといったものも外してもらえるか相談しておくと良いでしょう。

そして契約する期間についても見逃してはいけない点です。理由はコピー機を一度リースすると、途中で解約ができないからです。仮に可能だった場合でも、かなりの確率で解約費用が発生します。それでは余計なお金がかかるため、必要となる期間を前もって調べておき、それに合った契約をする必要があるのです。他にも三ヶ月や半年などの短期間で契約し、良ければ後で延長するといった工夫をしておくと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *