Skip to content

オフィスには必要不可欠なコピー機のリース

近年IT化が急速に進んでいるとはいえ、まだまだ日本の企業においては紙文化が根強く残っています。

商談一つをとってみても、取引先への資料の提示は紙媒体が多く、契約書の締結も紙で結ばれ、また会議資料も紙で配布するケースが多いものです。ビジネスを考える上で、まずオフィスにはコピー機が必要になってきますが、スタートアップしたばかりの企業や会社内に何台もコピー機が必要な企業にとってはその導入費用の拠出が難しいところです。一般的に高性能なコピー機になればなるほど価格は高くなっていきます。

カラーコピーはもちろんのこと、ホチキスや穴あけ機能、極秘文書の印刷には暗号をつけるなど、企業としてはなくてはならない機能ではありますが、望めば望むほど価格は高くなります。そこで、リースを使うことで初期コストを抑えつつも必要な機能を付けることが出来ます。また、コピー機は購入してしまうと会社の経費精算として減価償却費など経費処理が必要になってきますが、リースであればリース会社への支払いになるので経費精算もシンプルです。

また、コピー機を使っていると新しい機種が気になったり、使い勝手に不満が出てくることもあります。購入してしまうと買い替えがなかなかできないものですが、リースであれば、リース会社に依頼して新しい機種に変更してもらうことも購入に比べれば簡単に行うことが出来ます。購入するにしても実際に使ってみてから会社で導入するかどうかも決めることが出来ますので、まずはレンタルしてみるというのは賢い選択でしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *