Skip to content

コピー機のリースで経費節約に繋げること

コピー機はオフィスで使用する場合は特に、購入するよりはリースで使用する方がお得な場合が多いです。

通常の場合において契約期間が存在しており、その期間が終了すれば貸出先の業者に返還します。発生するのは毎月の支払いだけとなり、また設置やメンテナンスなども業者が行うので借りているところの負担は大きく減ります。購入をした場合は購入したところが全てを行わなければなりませんが、借りている場合は貸出先のところに連絡をとって対処を依頼するのが通例です。

購入した場合にはたとえば機種が古くなった場合で使用に耐えられなくなったときでも、新しい機種の導入や現在使用している機種について対処をどうするべきか、迷います。またこのことに関わる人の人件費などが発生し、コストがかさみやすいです。一方、コピー機をリースで使用している場合にあっては、こうした問題とは原則は無縁です。契約が終了した後はそのコピー機を返還するわけですが、改めてリース契約を結ぶかどうかはそのときに考えれば済みます。

継続する場合は、機種をより新しいものへとしてもらうなどの対応も依頼が可能です。古い機種の取り外し及び持ち帰りは原則として業者が行いますから、こうした作業を借りている側がすることはまずないので楽です。このようにコピー機をリース契約で対応することには色々なメリットが生じやすく、面倒さとも無縁ですのでオフィスなどで使用頻度が多い場合には、こちらの対応をとるのが一般的となります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *