Skip to content

コピー機を利用するならリースが便利

コピー機は書類の複製、会議やプレゼンテーションの資料の用意などビジネスには欠かせない機器ですが、求めるスペックを持つ機種を必要な台数だけ自社で購入して用意できればそれに越したことはありませんが、イニシャルコストが膨大なものとなるためなかなか難しいのが現状です。

また、用紙を送出するベルトやインクを噴霧するノズルなどは経年劣化しやすく定期的なメンテナンスや修理も必要でランニングコストも大きく圧し掛かってきます。コピー機の技術は日進月歩で、例えば先日インターネットに対応した機種が必要になったと思えば、次にはまた新たなテクノロジーを取り入れた機種が登場し、その度に買い換えるのも大変です。そんな時に役に立つのが、コピー機をリースするという方法です。

本体を購入するよりも遥かに低コストで1ランク上のハイスペックな機種を気軽に導入できるのはもちろんのこと、面倒なメンテナンスを専任のスタッフに任せることができるほか、僅かな異常も早期に発見して劣化したパーツを交換してもらえば修理の間に業務が滞ってしまうダウンタイムを回避できます。

最新機種が登場した場合でも、これまでリースしていた機種を返却して新たな機種に交換してもらうことも可能で、古い機種を無理をして使い続ける必要もありません。昨今ではコピー機がオンラインで繋がり、インクが少なくなれば自動的にリース業者の方に通知が出され、すぐに交換用のカートリッジを届けてくれるサービスも登場しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *