Skip to content

リースがコピー機に向いている理由とは

そもそもリースをする理由というのは何でしょうか。

それは、余計な資産を持たない事を目指すということです。資産というのはその言葉からはよいイメージしかありませんが、こと企業経営の視点から考えた場合にはよい面ばかりとはいえません。まず流動させることが出来ない資産は、その他の使い道がないために資本効率を落とす要因ともなります。最もよい例が店舗展開で、テナントとして借りているのなら、売上が期待を下回った場合にはすぐに撤退することが容易ですが、自社店舗であれば撤退はかなり難しくなります。同じような事がコピー機にもいえます。

業務用コピー機は価格も高く、購入する場合には数百万円の費用がかかります。もちろんこれが未来永劫使えるものならばいいのですが、機械というものは日々消耗し劣化していくものですし、修理やメンテナンスのメーカー対応もせいぜいが10年といったところです。10年分の費用を初年度に一括で支払うのはキャッシュフロー的にもかなりの負担になります。

こうした高額資産になるコピー機はリースにしておけば3年から5年の契約に出来ますし、費用は分割払いですので毎年の負担も軽減されます。それにリース契約満了時には、もっと高性能な新機種も発売されているのは確実ですから乗り換えも容易になります。購入していれば、どんなにいい機種が出て来ても、ぐっと我慢して使い続けなければなりません。まさに店舗の例と同じような事が、業務用コピー機にも言えるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *